特殊切手「海のいきものシリーズ」第5集のテーマはジンベエザメ!

魅力ある海のいきものを題材とした切手として人気の「海のいきものシリーズ」。2017年より毎年発売されていますが、2021年7月1日発売の第5集のテーマは「ジンベエザメ」です。

ペンギン(第1集)、クラゲ(第2集)、イルカ(第3集)、熱帯魚(第4集)と続いてきた「海のいきものシリーズ」。いずれの切手も、その細部までこだわった描写に驚かされますが、助言・監修を大阪にある水族館「海遊館」が行なっているとのことで納得。第5集には、ジンベエザメ以外にも、ナンヨウマンタ、イトマキエイ、ロウニンアジなどの海のいきものがリアルに描かれています。

絵の美しさだけでなく、切手に特殊加工が施されているのも「海のいきものシリーズ」の大きな特集で、第5集ではジンベエザメに、触るとサメ肌のようなザラザラとした質感が楽しめるサンドエフェクト加工が施されています。また、それぞれの切手内にも文字や魚の形のサンドエフェクト加工が施されており、遊び心がたっぷり。ぜひ実際に手にして確かめてみてください。

コロナ禍でなかなか海外の海へジンベエザメに会いに行けませんが、こちらの切手で少し心を満たしてはいかがでしょうか? 全国の郵便局や「郵便局のネットショップ」などで購入可能です。

▶特殊切手「海のいきものシリーズ第5集」の発行

By Takashi Shigiya

高校卒業時にダイビングを始め、大学生のときにインストラクターに。大学卒業後、(株)水中造形センターに入社し、『マリンダイビング』『海と島の旅』『ダイビングスクール』各誌の副編集長を務める。2010年からは世界最大のダイビング教育機関PADI日本オフィスでマーケティング・広報・ウェブコンサルティングなどを担当。2019年からは再び(株)水中造形センターにて、WEB編集部・部長/マリンダイビングWEB編集長に。現在はスナイプバレー合同会社の代表として、スキューバダイビングの普及・啓蒙に努めています。